トップ >> 宿便は身体にとって悪い物

美容と洗顔に関する情報

宿便がもたらすトラブルと予防

宿便は腸の中に便がたまっている状態が長くなると、腸の中で腐敗を始めてしまいます。腐敗を始めると毒素を放出し始め、腸内の日和菌は悪玉菌への変化してしまいます。放出された毒素は腸管から吸収され、全身に送られてしまいます。毒素によって肌荒れなどの美容トラブルを引き起こしてしまいます。腸内では腐敗している便と腸の粘膜が直接接触をしているので、大腸がんのリスクも高くなってしまいます。宿便を予防するためには食生活の改善と、生活習慣の見直しが大切です。食物繊維の多い食材を中心に食べるようにすることが大切です。

効果的に善玉菌を増やす方法

腸内環境を整える上で善玉菌を増やすことは効果があることは分かっているけど、どうしたら増やせるのかと疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。善玉菌を直接摂取しても胃酸によってほとんどが死滅してしまいます。この善玉菌を増やすにはオリゴ糖を摂取することが有効です。オリゴ糖は善玉菌の餌になり、腸の中でしっかりと善玉菌に餌を与えることができ増えていきます。腸内環境を整えるには摂取するという考え方よりも腸の中で善玉菌を育てるという考え方のほうか効果を実感しやすくなります。

Copyright 正しい洗顔で正しい美容 All rights reserved.